家時間 

手作りパン・常備菜・家計簿

~家時間番外編~愛媛県からフェリーでうさぎ島へ

早くも家時間番外編の旅行記です。

本日は
うさぎ島に行った日記です(^○^)

そういえばこの旅行の計画を立てているときに
急に旦那さんが昔の夢を語りだしました。

それは、
『むつごろうさん』になりたかった。
というもの。


なるほど、なるほど。
こういうよく分からない突拍子もないことを言いだしたときは

無視をする

と決めています。笑


うさぎ島とは

f:id:kabo0606h:20180506143658j:plain


うさぎ島は、『大久野島』のことで、
広島県竹原市に属する島のことです。
現在約700羽ほどの野生うさぎが生存しているんだとか。
まさにうさぎパラダイス。
旦那さんはここに行ってうさぎをなでなでしたくてしかたなかったようです。
むつごろうさんのように…('ω')

愛媛県からも行けるよ

f:id:kabo0606h:20180508221542j:plain



広島県から行くのが主流のようですが、
愛媛県からも行けます~
ただ、フェリーの本数が少ないので要注意でした。


うさぎをなでなでするにはエサが最重要アイテム

f:id:kabo0606h:20180505201728j:plain

エサがないことにはうさぎたちのヒーローになることはできません('ω')
フェリー乗り場にもエサが販売していました。
このエサと
持参したカット人参・キャベツを持って行きました。


可愛いうさぎが寄ってきてくれるよ

f:id:kabo0606h:20180505201706j:plain


可愛い。とにかく可愛い。
『早くエサちょーだい』と言わんばかりの顔。
可愛すぎ。

f:id:kabo0606h:20180508212354j:plain


わざと食べづらくして遊ぶ旦那。

これでは『むつごろうさん』

失格である。


うさぎも多いけど人間も多い

私たちはゴールデンウィークの真っ只中に行ったので、同じような観光客がたくさんいました。
なのでうさぎもエサをそれなりにもらっているため、思ったほど寄ってきてくれません。笑

『10羽ほどに囲まれてウハウハ~~!』

を想像していましたが、現実はそんなに甘くなっかたです(´ω`)
大型連休は外したほうがうさぎとウハウハできるかもしれません。


大久野島黒歴史

私がこの島の歴史を知ったのは

『そもそもなぜ、こんなにうさぎが繁殖したの?』

と疑問を持って調べたからです。
可愛いうさぎとは対照的に島のあちこちに傷跡が残されていました。


実際に島に踏み入れることで今では考えられないようことが本当におきていたんだと肌で感じました。心が痛い。

平和の祈りのような島だと思いました

『なぜ、こんなにうさぎが繁殖したの?』


初めに持ったこの疑問の答えは、生物学的なことだけではなくて


『忘れ去られてほしくない。』

『多くの人にこの島でおきていたことを知ってほしい。』

『もう二度と同じことがおきないように…』

そんな想いが募りに募った結果ではなかろうか…と感じました。




【うさぎと触れ合いたい】という目的がなければ【大久野島に行く】という行動には至らなかったと思います。


うさぎがきっかけで大久野島のことを学ぶことができました。


ありがとう、うさぎさん。


おまけ

かなり大満足だった愛媛旅行。
お土産もたくさん~(^^)
ほとんど食べ物ですが。笑

お土産についてもぼちぼち更新予定です♪

また遊びに来て下さいね*




それでは今日はこのへんで~



チャオ!